• new

[4w1h]ひし形フライパン

価格: ¥7,700 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

  • メールで紹介する

炒めやすく、汁物を器に移しやすい、深さと角度が素晴らしいフライパン鍋
キッチンにおける4w1hを考え抜いて商品開発をされている燕三条キッチン研究所より、
考え抜かれたひし形フライパンが届きました。
炒めてから煮るというお料理が結構多いという観点から、
炒めやすく、汁物を器に移しやすい、フライパン鍋とも言えるキッチンツールを研究されました。
深さと角度が絶妙のその鍋は、なんと「ひし形フライパン」です。
通常の丸いフライパンにはない、素晴らしいメリットがたくさんあります。

・3つ口のコンロで隣り合う鍋とぶつかりにくい
丸みをカットしたすっきりシャープな形なので、奥に位置するコンロに他の鍋をおいても収まりが良くぶつかりにくいです。
ひし形フライパン

・角の部分から、具やスープを移しやすい
丸いフライパンでお皿に盛りつけようとすると、端の方から具がこぼれてしまいがちですが、注ぎ口がひし形なので、具やスープをこぼすことなく気持ちよく移すことができます。
ひし形フライパン

・フライ返しがスッと入る、気持ちいい角度
人の自然な動作特性を研究され、フライ返しをスムーズに行える形に調整されましたので、フライ返しをスムーズに差し込みやすくなっています。
また、炒め物でフライパンを振っても鍋肌が具をキャッチするため、
「プロっぽく具が宙を舞う炒め物を作りたい」という想いを見事に叶えてくれます。

料理する過程において、可能な限りストレスフリーにしてくれるひし形フライパンは、
炒め物、煮物、炒め煮に対応するので、使用頻度が高くなること間違いなしです。
ひし形フライパン ひし形フライパン

素材:本体・ハンドル金具 / アルミニウム合金(表面フッ素樹脂加工)、ハンドル・蓋つまみ / フェノール樹脂、ガラス蓋 / 強化ガラス
サイズ:約250×415×高さ115mm、約225×225×深さ70mm(鍋本体)
産地:新潟
重量:約855g(鍋のみ)、約1,365g(蓋込み)
備考:箱入り、IH:○、ガス:○、電子レンジ:×、ストーブ:×、食器洗浄機:×、食器乾燥機:×

【使用上の注意】
・初めてご使用の際は、食器用洗剤でよく洗ってからご使用ください。スチールたわし、酸性及びアルカリ性の洗剤、クレンザー(磨き粉)は使用しないでください。
・ハンドルに破損やガタツキなどがないか安全を確認してからご使用ください。
・空だきをしないでください。
・落としたり調理直後の熱いうちに水をかけたり水に浸けたりしないでください。強い衝撃や急激な温度変化を与えないでください。製品の変形、破損の原因になります。
・取っ手が熱くなることがあります。やけどの恐れがありますのでご注意ください。
・やけどに充分に注意してお使いください。特にお子様だけのご使用はおやめください。
・調理中・調理後は熱くなっていますので、本体に手で触れないでください。
・コンロの中央に載せ、安定した状態でご使用ください。
・料理を長時間保存しないでください。ふっ素樹脂加工の劣化の原因になります。
・製品にガタツキや破損が生じた場合は改造や応急処理をせずに使用を中止してください。
・金属製の鋭利な調理器具は使用しないでください。内面を傷付けふっ素樹脂加工の劣化及び鍋本体の腐食の原因となります。
・ご使用に伴い、裏底の塗装がコンロの五徳との接触で剥がれることがありますが、ご使用に支障ございません。
・ガラス蓋を鍋からずらした状態で使用したり、コンロ脇のすぐそばに置いたりしないでください。ガラス蓋の一部だけ過熱され破損する原因となります。
・漂白剤の使用や浸け置き洗いは塗装を傷める原因となるのでしないでください。
・実際の色に近いように画像調整をしておりますが、 お客様のモニター環境によっては実物と異なって見える場合もございます。あらかじめご了承下さい。

4w1h燕三条キッチン研究所
4w1h 燕三条キッチン研究所は、素材も形もさまざまあるキッチンツールを人々の価値観やライフスタイルが変わるなか、これまでの当たり前を根っこから問い直し、本当に使いやすいモノを生みだすブランドです。
「そもそも」 「いつ」 「だれが」 「なにを」 「どのように」 というキーワードから、キッチンツールを再編集しています。

関連商品

ページトップへ