• new
  • pick up

ザ[THE] THE MAGIC WATER

価格: ¥1,026 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

  • メールで紹介する

マジックウォーター

原料は、なんと水だけ。そんな魔法のようなクリーナーがあるのをご存知でしょうか。
 
ザ・マジックウォーターは、水を電気分解することで特殊洗浄化したマルチクリーナーです。
主な用途は、こちらです。
 
  [使用例]
  ・キッチン周りのしつこい油汚れ、冷蔵庫や電子レンジの掃除
  ・壁紙の汚れや、カーペットに付着した食べこぼしの汚れ
  ・子どものおもちゃの洗浄・除菌
  ・キッチンまな板の除菌
  ・ペット用品の除菌
  ・トイレ周りの除菌
 
原料は水だけなのに汚れを落とすことができる理由は、特許技術による水の電気分解。
水を電気分解すると、アルカリ性と酸性、2種類の水に分かれます。この性質が、汚れを落とすメカニズムに関係しているのです。
 
◆ザ・マジックウォーターは、酸性の汚れを中和することで、汚れを落とします
汚れは、アルカリ性と酸性のどちらかに分類されます。
アルカリ性の代表的な汚れは、シンクに残る水垢やカルキなどの水周りの白い汚れです。
酸性の汚れとは、換気扇やガスコンロにこびりつく油汚れ、食物の汚れや家具・家電についた手垢など、生活する上で必ず出てくる動植物由来の汚れのこと。
それぞれの汚れは、反対の性質を持つ水と触れることで中和作用が起きます。
これが汚れの落ちる仕組みです。

◆汚れを落とすだけでなく除菌にも効果があります
一般的な細菌や微生物の多くは、弱酸性~;弱アルカリ性でしか生息できません。
そのため、電解アルカリ水を吹きかけ、30~60秒間放置し拭き取ることで、一般生菌を取り除くことができるのです。

◆他にはない2つの特長があります
1つは、金属に使用しても錆びが発生しないこと。
ザ・マジックウォーターは、特殊技術を用いて、アルカリ性の水だけが抽出されているので、錆びや劣化を心配することなく、金属製品にも安心してお使い頂けます。
もう1つの特長は、未開封の状態で、なんと5年間も品質が保持されること。
不純物を一切含んでいないので、経年変化が起こりにくいのです。
この優れた技術を利用した電解アルカリ水は、公共交通機関や自動販売機の清掃など、実は様々な場所で使用されています。

原料は水だけなのに、不思議なほど油汚れがよく落ちる、環境にも人体にも配慮したマルチクリーナーをぜひお試しください。
ボトルデザインもモノトーンで美しくスタイリッシュですので、スタッフもお気に入りのお掃除アイテムです。

詰替用もございます。

<おすすめの使い方>
・水だけで油汚れまで落とす驚異の洗浄力を持った ザ スポンジ生地で作られた、「ザ キッチンスポンジ」「ザ スポンジ」「ザ クリーニングクロス」と併用すると、相乗効果で抜群の洗浄力を発揮します。「ザ マジックウォーター」を汚れに吹き掛けて、クロスで拭くと、汚れを残さず吸着し、泡も発生しないので、二度拭きの必要もありません。

ザ・マジックウォーター、キッチンスポンジ

成分:電解アルカリ水100%
内容量:400ml
原産国:日本

【用途】
・洗浄:本品を汚れている部分に直接吹きかけて、水で洗い流すか、やわらかい布・ティッシュなどで拭き取ってください。
・除菌:本品を直接かけて、30~60秒放置し、水で洗い流してください。
・染抜き:本品を染みに直接かけて、やわらかい布・ティッシュなどでつまむように吸い取ってください。

【使用量の目安】
表面が濡れる程度。まな板1枚に使用する場合、表裏合わせて6回ほどスプレーしてください。

【使用上の注意】
・水拭きできないもの・漆器・皮革類・銅製品・シルク製品・ニス塗りの家具・ワックス掛けされているもの・自動車の塗装面・液晶及びプラズマ画面・クリアーコーティングされているもの・貴金属・宝石類・無垢のアルミ製品など/目立たない部分にスプレーをし、変形・変色・色落ち・塗装の剥がれなどがないか、試してからお使いください。
・スプレーをOFFに合わせて、直射日光の当らない場所に保管してください。
・開封後は、1年を目安に使用してください。空気に触れるとpHが徐々に下がり、洗浄・除菌などの効果もゆるやかに低下します。
・詳しい取扱方法については、商品の品質表示内容をご覧ください。
・実際の色に近いように画像調整をしておりますが、お客様のモニター環境によっては実物と異なって見える場合もございます。あらかじめご了承下さい。

「THE」は、good design company水野学氏、中川政七商店十三代中川淳氏、PRODUCT DESIGN CENTER鈴木啓太氏の3名が、後世に残る新しい定番を生みだすべく立ちあげたプロジェクトです。
これこそはと呼べる新しい定番「THE」をつくって世の中の定番と呼ばれるモノの基準値を引き上げていくこと。 本当に「THE」を冠するに相応しいモノを生み出すこと。 そんなモノづくりを目指すブランドです。

関連商品

ページトップへ